巨人菅野が開幕内定 勝負は秋…日本一が先かガス欠が先か

公開日: 更新日:

 開幕投手に内定している巨人菅野智之(31)が順調な仕上がりを見せた。4日のヤクルト戦に先発。大城とバッテリーを組み、47球を投げて3回2安打無失点だった。

■新たな武器「ゴロ投法」

「今年はカーブを効果的に使いたい」と9アウト中、5つをゴロで奪った。「見ての通り、勝負のできるボール。軸になっていくのではないか。今日はほとんどゴロアウトにできた。長打のリスクが減るし、リスクマネジメントができた」とうなずいた。

 昨年12月はポスティングを利用したメジャー移籍を目指していたため、恒例のハワイ自主トレは行えず、ほぼ体を動かせなかったという。挑戦はひとまず断念したものの、「例年と比べて練習量が少ない」と調整遅れを自覚しながら2月のキャンプに入った。それでも、あまり使っていなかったカーブという新たな武器を手に状態を上げてきたところは、さすがである。巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る