有原航平にメジャーの洗礼 成否は“剛速球の制球”がカギ

公開日: 更新日:

 レンジャーズにポスティングで移籍した有原航平(28)が日本時間3日、ホワイトソックスとのオープン戦に初登板。2イニング相当を5安打3失点、1四球だった。一回1死一、二塁のピンチで若手内野手ボーンに3ランを許すなど、メジャーの洗礼を浴びた。

 ウッドワード監督によれば、キャンプでは新たにカーブの習得に取り組んでいる。日本で投げていた球よりも球速を落として打者のタイミングを外すためだという。

 有原は昨季、自己最速タイとなる155キロをマークした。メジャーでは150キロ台後半の直球を投げる投手がゴロゴロいるだけに、スローカーブを球種に織り交ぜて緩急をつけるのが狙いだ。

 日本ハム時代の有原は与四球率2.09と悪くはなかったが、勝負どころで制球が甘くなって痛打を浴びるケースは少なくなかった。150キロ超の直球に、数種類の変化球を駆使しながら、安定感を欠いたのは肝心の直球の制球に問題があったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る