何が何でもやるのか? 東京五輪・パラの仕事募集が急増中

公開日: 更新日:

 全国各地で始まっている東京五輪・パラリンピックの聖火リレー。

 加藤勝信官房長官は30日の会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」が適用された地域の聖火リレーの実施について記者から問われると、「大会組織員会は感染状況などを踏まえて実施形態を変更する場合がある」との見方を示した。実施変更する際の具体例として、加藤官房長官は、公道でのリレーを見合わせたり、無観客で点火セレモニーのみ行ったりするケースなどを挙げていたが、大阪や兵庫など全国で新型コロナ「第4波」の拡大傾向が顕著になりつつある中、聖火リレーもいつ中止になってもおかしくない状況だ。

【写真】この記事の関連写真を見る(16枚)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る