マエケンが日本勢初白星 同地区の粒揃いルーキーに要注意

公開日: 更新日:

 日本人エース右腕が苦しみながら白星を手にした。

 ツインズ・前田健太(32)が7日(日本時間8日)のタイガース戦に登板し、6回を本塁打を含む7安打2失点、6三振1四球。日本人投手では今季一番乗りで白星を手にした。

 メジャー6年目にして初めて開幕投手を任された1日のブルワーズ戦は5回途中2失点と期待を裏切った前田は「すごくホッとしました」と安堵の表情。「野手にピンチを救ってもらった。なんとか1点差を守りきってもらった」と振り返った通り、本調子からは程遠かった。

 二回1死一塁から、売り出し中の新人外野手アキル・バドゥー(22)に甘く入った直球を捉えられ中越えの適時三塁打で先制を許した。同点の五回には下位打者に被弾。打線が2点を奪って逆転した六回には1死満塁のピンチを招いたが、バックの好守備に助けられて切り抜けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る