今年のセンバツに夏まで追い掛けたい野手はいなかった

公開日: 更新日:

 センバツはホント、まいったよ。

 朝はホテルのモーニングで、昼と夜はコンビニ弁当。キャンプと違って外食を禁じられてるわけじゃなかったから、若いのを誘ってちょっと一杯なんて思ったら、「スミマセン、コロナが怖いんで」だもんな。

 試合中も周りはトイレ以外、ほとんど席を立とうとしない。メシだって、買ってきた弁当をスカウトの席で食べてるんだから。トイレのフリして、たばこを吸いに行くのもためらわれたくらいさ。

 そうやって例年以上にグラウンドに目を光らせたつもりでも、ハッキリ言って、これはという野手はいなかった。

 担当スカウトは事前に智弁学園(奈良)の前川右京(外野手)や常総学院(茨城)の田辺広大(捕手)あたりをリストに入れてたけど、彼らも含めて売り物の打撃がパッとしない。打撃が良ければ、足や肩はどうか、夏まで追い掛けてみようとなるが、そこまでいかないんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る