小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

センバツ決勝「明豊の2つのミス」と「東海大相模の我慢」

公開日: 更新日:

 先のセンバツは東海大相模(神奈川)が明豊(大分)を破り、10年ぶり3度目の優勝を果たした。甲子園通算30勝目となった門馬監督の「我慢」と「投手力」の勝利である。

 まず準々決勝、準決勝と連続完封のエース左腕・石田を決勝で先発させず、ベンチスタートにしたこと。無失点できていたが、実はかなりヘバっていて、先発なら危ないとみていた。先発は1回戦で好投した背番号18の石川で正解だった。

 驚いたのは1―1で迎えた四回だ。1死満塁のピンチで投手交代。ここで石田かと思いきや、門馬監督がマウンドに送ったのは、背番号10の求だった。左翼への犠飛で1点を失ったものの、ここを1失点でしのぐと、2―2となった六回2死一、二塁のピンチで満を持して石田を投入。ここを切り抜け、七、八、九回も無失点。今大会29回3分の1を無失点に抑え、優勝投手となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る