26回43Kの東海大相模・石田「巨人&ソフトB」リスト急浮上

公開日: 更新日:

 31日に行われたセンバツ準決勝で東海大相模(神奈川)のエース左腕の石田隼都投手(3年)が、2―0で天理(奈良)を完封し、優勝した2011年以来となる決勝進出を決めた。122球を投げて3安打しか許さない危なげない投球。15三振を奪い、「初回に1点取ってくれたので、それを守り切る気持ちでした」と頼もしかった。 

【写真】この記事の関連写真を見る(37枚)

 準々決勝の福岡大大濠戦も14奪三振で完封しており、これで2試合連続の完封となった。今大会26イニングを投げて43奪三振、連続無失点を継続している。

 某球団の編成担当者がこう明かす。

「大会前は大学進学を希望していたけど、今大会でだいぶ自信をつけただろうし、プロ入りに変わる可能性は十分ありそうです。どこの球団も大会前は『ドラフト候補』程度でしたが、3イニングをリリーフした1回戦の東海大甲府戦を終えた段階で、巨人、ソフトバンク、中日などは3位グループにリストアップしたそうです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗