26回43Kの東海大相模・石田「巨人&ソフトB」リスト急浮上

公開日: 更新日:

 31日に行われたセンバツ準決勝で東海大相模(神奈川)のエース左腕の石田隼都投手(3年)が、2―0で天理(奈良)を完封し、優勝した2011年以来となる決勝進出を決めた。122球を投げて3安打しか許さない危なげない投球。15三振を奪い、「初回に1点取ってくれたので、それを守り切る気持ちでした」と頼もしかった。 

【写真】この記事の関連写真を見る(37枚)

 準々決勝の福岡大大濠戦も14奪三振で完封しており、これで2試合連続の完封となった。今大会26イニングを投げて43奪三振、連続無失点を継続している。

 某球団の編成担当者がこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る