大谷のローテ定着を阻む補強案 若手右腕にはじき出される

公開日: 更新日:

 今季、投打の二刀流に復帰したエンゼルス・大谷翔平(26)の立場が危うくなってきた。もちろん打者ではなく、投手としてである。

■21日のレンジャーズ戦登板も

 大谷は日本時間21日のレンジャーズ戦に今季2度目の登板が決まったものの、今後もローテに定着できるかどうかは未知数だ。

 チームは開幕から大谷を含めて打線が好調。4番レンドンを故障で欠きながらも、リーグ2位のチーム打率.265を誇る打線が牽引し、首位マリナーズと0.5ゲーム差のア・リーグ西地区2位につけている(19日現在)。

 対照的に大谷を含めたチーム防御率4.73(リーグ13位)の投手陣は決して盤石とは言い難い。リリーフ陣こそ防御率4.06(同8位)とまずまずながら、先発陣は5.26(同最下位)と崩壊状態。まともに試合をつくれるのは開幕投手を務めた右腕バンディ(3試合で0勝1敗、防御率3.32)だけ。地元メディアを中心に早くも先発投手の補強を唱える声まで出始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る