大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

公開日: 更新日:

 打撃好調のエンゼルス・大谷翔平(26)も小休止か。

 日本時間15日のロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場し、3打数無安打1四球、2三振。連続試合安打は6で止まった。

 試合前には、ブルペンで23球を投げ、右手中指にできたマメの回復をアピールしたが、今季ここまでバットでは快音を響かせている。今回のロイヤルズ3連戦では初戦で放った右越え二塁打の打球速度は史上5人目の119マイル(約191・6キロ)を記録。続く第2戦では飛距離131・3メートルの特大の4号アーチを放つなど、並み居るメジャーの強打者も顔負けのパワーを見せつけているのだ。

 大谷は昨オフ、これまで以上にウエートに励み、上半身、下半身ともビルドアップに成功した。強烈な打球を放っているのはパワーアップのたまものと言えるが、疑惑の目を向けられかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る