レ軍有原も起用濃厚「ピギーバック」「タンデム」って何?

公開日: 更新日:

 レンジャーズ・有原航平(28)が日本時間9日、カブスとのオープン戦に登板し、3回2安打1失点。初回、味方の2失策からピンチを招き、適時打を許した。

 レンジャーズは昨季のチーム防御率5.02(ア・リーグ11位)で崩壊状態だった。ウッドワード監督は先発陣を立て直すため、ここ数年、多くの球団が実践している新たな起用法を取り入れると明かした。

 1試合に2人の先発投手を投入する「ピギーバック」や「タンデム」と言われるもの。直訳すると、「肩車」と「2人こぎ自転車」だ。2人の投手が1試合の半分ずつ投げることから、最近では「タンデム・ローテーション」の呼称が定着している。

 この起用法はアストロズが2013年に初めて導入した。先発投手の力量に不安があったり、メジャーで実績のない若手に経験を積ませるため、1人に4~5イニング、もう1人に残りのイニングを任せる。複数の救援投手をつぎ込むオープナーとは異なり、リリーフ陣の負担軽減につながるメリットがある。これまでフィリーズ、レッドソックス、ダイヤモンドバックスなど、投手力が落ちるチームが実践した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  7. 7

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

もっと見る