大谷翔平が新フォームで好感触も…意外な右腕に手を焼く

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が、投打とも順調だ。

 日本時間24日にはライブBPといわれる実戦形式のフリー打撃で5打席に立ち、本人によれば「5本ぐらいはいい当たりだった」。キャンプでは右足を上げ、軸足に体重を乗せる新フォームに取り組んでいる。下半身主導にして打球の速度を上げたり、飛距離を伸ばす狙いからだ。

 昨季は打率・190と極度の不振に陥っただけに「毎試合、申し訳ないな、という気持ちがあった。今年はその分を返したい」と、巻き返しを期す大谷の前に意外な投手が立ちはだかりそうだ。

 日本ハム時代の同僚で、レンジャーズに入団した有原航平(28)だ。レ軍は獲得に際し、広陵高時代からの有原の投球を分析したそうで、キャンプに合流してからは空振りを取るために高めの直球と、スプリットの精度向上に着手。ブルペンでの投球練習中に、直球の回転数を調整するなど、適応力の高さも見せている。長打狙いでアッパースイングの大谷には、高めの速球が武器になりそうだ。

大谷VS有原の直接対決あるか

 有原は先発陣の層が薄いレ軍で、ローテの2番手を務める見込みだ。今季はエンゼルスとの直接対決が9試合。そのうち、レ軍の本拠地グローブライフ・フィールドで6試合が組まれていることも、2人の直接対決での明暗を分けそうだ。

 昨季、開場したレ軍の本拠地は開閉式のドーム。従来の球場は空気が乾燥して打者天国とされていたが、屋根を閉めて湿度を一定に保つことで打球が飛びにくくなった。1試合当たりの本塁打数は2019年の1・062(30球場中11位)から、昨季は30球団最少の0・570まで激減した。旧球場では本塁打性だった当たりでも、新球場ではフェンス手前で失速するケースが目立った。

 昨季の大谷も同球場で、19打数4安打の打率・211、0本塁打と苦戦した。今季は日本人のルーキー右腕と敵地の特性に手を焼きそうだ。

 有原はキャンプ地アリゾナ州サプライズで、ライブBPに登板。1イニングを想定し、変化球を交えて23球を投げた。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る