冴えない渋野の米ツアー参戦“中間決算” 五輪出場にも暗雲

公開日: 更新日:

【ホンダLPGAタイランド】

「(次戦まで)1週間空くので、自分のやるべきことをしっかりやって備えたいと思います。センキュー!!」

 渋野日向子(22)は明るくそう言ったものの、結果は冴えなかった。

 36位から出た最終日は5バーディー、2ボギーの69。通算9アンダーでトップと13打差の34位タイに終わった。4人が出場した日本人の中で最下位である。シンガポールで開かれた前週のHSBC女子世界選手権は、通算11オーバー67位タイのブービーだった。3月末に日本を離れて米ツアーに参戦し、これが4試合目。最高順位は2戦目の33位タイと苦しい戦いが続いている。4試合で得た賞金も、日本円で約280万円にとどまっている。

国内メジャー制した西村優菜は2400万円

 同じ日、プラチナ世代の西村優菜(20)が制した国内メジャーのワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップの優勝賞金は2400万円。2019年の前回大会(20年はコロナウイルスの感染拡大で中止)で涙のツアー初優勝を飾った渋野にとっては思い出深い大会で、コースとの相性もよかった。

 米ツアー参戦で結果的に賞金を稼ぎそびれたうえに、ディフェンディングチャンピオンに課せられる出場義務違反で100万円の罰金を取られては踏んだり蹴ったり。タイでの今大会で渋野が手にした賞金は、罰金額をわずかに上回る約108万円だった。

 渋野が日本を離れたのは、来季の米ツアーにフル参戦する権利を手にするためで、もちろん賞金などは二の次だ。とはいえ、今の調子では米ツアー出場権も見えてこず、日本勢3位に転落した東京五輪代表にも黄信号。今年に入っての国内ツアー4戦ではすべて予選を通過して最高11位だっただけに、今回の米ツアー参戦はいろいろな意味で凶と出てしまうかもしれない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  5. 5

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る