渋野日向子のスイング改造は不安材料ばかり(菅野徳雄)

公開日: 更新日:

 昨年末、渋野日向子が青木翔コーチとの契約を解消したと聞き、アドレスに不満を感じたのではないかと思った。

 渋野はドライバーからショートアイアンまで手元をかなり低く構えており、「ハンドダウン」しているように見える。

 青木コーチに教わってから手元を低く構えるようにしたというが、それまではもっと手元を起こして構えていたのだ。

 そのことについて青木コーチは、「渋野は日本人にしてはかなり腕が長いほうなので、普通に構えても手を低く構えているように見える」と言った。決してハンドダウンに構えているのではないと解説したが、では腕の長い欧米の選手はどうして手元を低く構えないのだろう。

 西洋人は日本人に比べると、身長が同じでも5、6センチぐらい腕が長いとよくいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る