小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

春の大会の戦い方は「本気」と「秘密」のサジ加減が難しい

公開日: 更新日:

 4日に神奈川県の高野連から「来賓」として招待され、センバツ甲子園を制した東海大相模が4―3で桐光学園を下した県大会決勝を横浜スタジアムで観戦した。

■センバツV東海大相模は「馬なり」で神奈川6連覇

 東海大相模は県内の連勝記録を41に伸ばし、神奈川6連覇。門馬監督が「(エースの)石田を使わないことがテーマだった」と語ったように、決勝の投手リレーは武井、大森、求、石川。最終回に一打同点のピンチとなった際に、投球練習を行っていた石田がマウンドに行きかけたが、門馬監督が起用したのは、背番号10の石川だった。大会を通じて石田の登板は1試合のみ。決勝も最後まで投げなかった。

 桐光学園には2人の好投手がいたが、投球モーションが大きく、牽制も甘かった。東海大相模は足のあるチームだが、走らなかった。というより“あえて”走らなかった。本当の勝負は夏の大会。エースをほぼ投げさせることなく、攻撃も「足」などのオプション全ては見せず、「馬なり」で勝ち切った。1点差という結果でも「楽勝」といえる内容だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る