巨人原監督は楽天が大好き トレード獲得選手が勝ち星貢献

公開日: 更新日:

 巨人楽天は間違いなく「友好球団」だ。

 昨年6、7月には立て続けに交換トレードを成立させ、巨人はゼラス・ウィーラー(34)、高梨雄平(28)を獲得。今や中軸打者、勝ちパターンのリリーフ投手として、原辰徳監督(62)が頼りにする主力選手となっている。

 ウィーラーの交換要員は池田だった。この時のウィーラーの年俸は2億円で池田は1450万円。巨人が財力にモノをいわせる格差トレードだった。高梨の相手は高田萌。巨人時代に「将来のエース候補」といわれた高田萌は22歳とまだ若く、今後、化ける可能性はあるものの、現時点では明らかに巨人が得をしている。さるチーム関係者がこう言った。

■楽天さまさま

「巨人がかつて楽天に在籍していたマギーを米国から連れ戻したら2017年に3割をマークした。昔は層が薄かったが、一軍半か二軍でもウィーラーや高梨クラスがくすぶっている。原監督は最近、楽天の選手に注目している。メジャー経験がある楽天・石井監督がGMに就任してからトレードが活発化。『飼い殺しはしたくない』という考えが一致していることも、原監督としては都合がいいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

  8. 8

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る