巨人山口俊は今季年俸3000万円 “VIP待遇”で来季は3億円?

公開日: 更新日:

 米ジャイアンツ傘下3Aサクラメントから2年ぶりに巨人に復帰した山口俊(33)が、23日のDeNA戦で先発する。

 5日に帰国し、自主隔離期間を終え、20日に二軍練習に合流。即シート打撃に登板し、「日本の球の方が合わせやすい」と話していた。

 2月のキャンプイン直前に所属先のブルージェイズから事実上の戦力外通告を受け、その後はジャイアンツに移籍。春のキャンプには招待参加したものの、傘下のマイナーで5試合に登板して0勝3敗、防御率6.17の成績だった。

 二軍戦も経ないぶっつけ登板は異例だが、そんな山口の手も借りたい巨人の台所事情がある。現在開幕から先発ローテを守っているのは、左腕・高橋だけ。右肘違和感を抱えるエース菅野は今季2度目の離脱中で、守護神のデラロサも左足の故障で抹消中。先発も救援も火の車なのだ。

 今季の年俸は3000万円。2年契約を結んでおり、「来季の年俸は変動制」という。問題はその来季である。さる球界関係者がこう言った。

「21日現在で残りは76試合。最多勝を取った19年の15勝は無理でも、ここからフル回転して巨人の逆転優勝に貢献できれば、前回巨人を離れた19年の年俸2億3000万円級は保証されるというのです。そもそも、19、20年は2年契約を結んでいたが、20年からのメジャー挑戦で2年目の年俸2億3000万円は浮いていますから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今