松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

開幕3連敗も公約通り!ファイターズ贔屓が教える新庄野球の正しい楽しみ方

公開日: 更新日:

 ファイターズ贔屓として敵地開幕3連敗をどう感じているかをルル汁そうと思う。「縷々」を「るる」と打ち込んで風邪薬の「ルル」と解釈し、「記そう」を「汁そう」と解釈したのはパソコンだから許せ(選択したのはオレだ)。

 新庄監督が早くから「BIGBOSS」と自称しているんだから、とっくに商標登録しているんだと思っていたら、だれか他の守銭奴に先を越されて、「BIGBOSS」というロゴが使えないかもしれんという初歩的なミスをやらかした。どうやら裏でカステラでも贈ったかして開幕直前ギリギリにグッズ販売が間に合ったが、栗山から新庄へ、用意周到につないだわりには、どこか歯抜けが目立つのを心配しておった。

 ペイペイドームでホークスに3連敗後「監督としてペイペイなんだから許してよ」てな、オレでも言わねえようなことをを言ったら「ケッ!」とツバ吐いたかもしれんが、監督はポツリと「明日から『BIGボツ』って変えようかな?」と言った。

 この発言にフロントは大パニック、「は、は、版権を取れ!」とオーナーが泡吹いて騒いだのならファイターズはただのアホ会社ということになるが、騒がなかったのを見るとアホではないらしい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか