エンゼルス大谷翔平は“2年目のスランプ”か? ようやく1号・2号放ち打撃上向きの兆し

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間16日のレンジャーズ戦は「1番・DH」でスタメン出場。相手オープナー右腕のブッシュに対し、第1打席で内角高めの直球を捉えて右中間に今季初本塁打を放った。開幕から31打席目で待望の一発が出た。この日は第3打席でも右翼席中段へ特大の2号2ランも放った。この日は5打数2安打3打点の活躍で打率.206と、ようやく打撃にエンジン点火の兆しだ。チームも9-6で打ち勝った。

 15日のレンジャーズ戦では、投げてはメジャー初の満塁本塁打を浴びるなど3回3分の2を6安打6失点で、今季2敗目を喫した。打っては4打数1安打で、4試合連続安打としたが、開幕7試合30打席本塁打なしの自己ワーストを記録していた。

 大谷は今季がリアル二刀流の実質2年目。「2年目のジンクス」を米国では「2年生のスランプ」と表現するが、今季の大谷が投打とも不調なのはMVPを受賞した昨季の反動からなのか。

 昨季終了後は数日休んだだけで本拠地アナハイムでトレーニングを再開。11月に帰国してからも国内の施設で自主トレを継続し、12月の再渡米後には契約するトレーニング施設で練習漬けの日々を過ごした。向上心旺盛な大谷の性格からして、リアル二刀流の成功、MVP受賞から来る慢心とは考えにくい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず