菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄ゴルフジャーナリスト

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

JGAが選手会の提案を受け入れコースを優しく…だから日本では世界で勝てる選手が育たない

公開日: 更新日:

 ゴルフは人間が相手ではなくゴルフコースとの戦いである。だからタフなコースで試合を開催しないと強い選手は育たない。当然のことである。

 AON(青木功尾崎将司、中嶋常幸)が三つ巴の激戦を繰り広げていた頃はコースセッティングはタフだった。ラフに入れるとくるぶしまですっぽり埋まるような深さがあった。だから、ジャンボのパワーを持ってしてもティーショットを深いラフに入れるとサンドウエッジでフェアウエーにいったん出さなければならない状況も多かった。

 ところが、AONの時代が終わると、わが国で最もタフな設定と知られた日本オープンですらラフがだんだん短くなり、ラフからでもグリーンを狙えるようになった。AONはラフに入れてもパワーでグリーンの近くまでボールを持っていったが、そういうことができる選手がいなくなったのでラフを短くしたのだろうか? と思ったこともある。

「見ていても面白くないと思う」

 2013年に池田勇太が選手会長になったときに記者会見でそのことを聞くと、「ティーショットをどれだけ曲げたかによっても違ってくるけど、セカンドカットでサンドウエッジでただ出すだけでは(観客も)見ていても面白くないと思う」と真顔で言った。

「ラフにすっぽりボールが沈んでいて、はじめからあきらめてサンドウエッジで横に出すのではなく、グリーンに向かってどれだけ打てるかを考えさせるほうが見ていても面白いと思う」

 池田はこう言い、選手会長になって2年目の14年日本オープン(千葉CC梅郷C)で優勝している。池田は15年までの3年間選手会長をつとめ、17年の日本オープン(岐阜関CC)でも勝った。選手会長になって日本オープンのコースセッティングの仕方を変えるように提案し、2度も優勝しているのだ。

世界に通用する選手が育たない

 選手会の提言ということは言い換えれば選手会の総意なのだろうか。日本オープンの主催は日本ゴルフ界の総本山といってもよい日本ゴルフ協会(JGA)であるわけだが、選手会の意見を簡単に受け入れてラフを短くしていたら世界で勝てる強い選手を育てることはできない。

 私は1981年から20年間、全米オープンの取材を続けた。81年は青木功が帝王ジャック・ニクラスと死闘を演じ、惜しくも2位になった翌年だ。

 では、全米オープンのコースセッティングはどうかというと、日本よりもはるかにタフだ。

 このところ日本で行われる地区予選を勝ち抜いて全米オープンの出場権を手にしても、みんな力及ばず予選落ちして帰ってくる。一番の理想は日本から行ってすぐに全米オープンで優勝を争えるような選手を国内で育てることだ。それにはもっと厳しいコースセッティングで、それも日本オープンだけでなく多くの試合で取り組まないといけない。

 選手を甘やかしたら世界で勝てる選手は育たない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?