大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が大台に迫った。

 2戦連続「1番・DH」で出場した日本時間23日のアスレチックス戦で、今季最長となる飛距離約135メートルの先頭打者9号アーチ。これで7本に終わった2020年を除き、メジャー4度目の2ケタ本塁打に王手をかけた。

 昨季はブルージェイズ・ゲレロ、ロイヤルズ・ぺレスらと熾烈な本塁打王争いを繰り広げたが、今季はペースダウン。ヤンキース・ジャッジ(15本)、アストロズ・アルバレス、同僚トラウト(ともに12本)らの後塵を拝して現在、リーグ7位と出遅れている。

 昨季と比べて精彩を欠く大谷とは対照的に同僚2人の打撃が好調だ。今季、右翼に定着したウォードが規定打席未満ながら打率.370のハイアベレージ。右ふくらはぎ痛から完全復活した主砲トラウトは打率.323(リーグ7位タイ)、12本塁打、26打点(7位タイ)と三冠を狙える位置に付け、早くもMVPの有力候補に挙げる米メディアもある。

 同僚2人が好調をキープすれば、ホームランキングのタイトル獲得を狙う大谷にとって好都合。相手バッテリーのマークがウォード、トラウトに分散し、大谷への攻めが手薄になるからだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾