カブス鈴木誠也を悩ますシカゴの寒さ…チームも低迷でモチベーションを保てるのか?

公開日: 更新日:

 鈴木誠也(27)のメジャー挑戦が決まった昨年暮れの話だ。

 代理人のジョエル・ウルフ氏は、鈴木の希望球団に関して「家族が安心して暮らせ、野球に専念できる環境」「来年あるいは近々にもプレーオフで戦えるチーム」の2つだと言った。古巣・広島の関係者によれば「右足の骨折と靱帯損傷という古傷があるためできれば気候が温暖な場所でプレーしたいと聞いた」そうだ。

 しかし、鈴木が実際に選んだのは住環境はバツグンでも、解体したチームを再建中で、春先や秋口は寒いシカゴを本拠地にするカブスだった。

 鈴木は過日、「契約のときに見せてくれた(シカゴの気温に関する)表はでたらめでしたね」と、ネックウオーマーにカイロを携えてプレー。シカゴの想像以上の寒さに震えていた。

 カブスは日本時間23日現在、16勝24敗、首位ブルワーズから9.5ゲーム離されたナ・リーグ中地区3位。昨季途中から主力を放出、チームを再建しているものの、今年、もしくは近々、地区優勝した一昨年のようになるメドはいまのところ立っていない。当初の希望とはかけ離れた環境でプレーする鈴木の、今後に向けたモチベーションが心配ではある。

 その鈴木は同23日のダイヤモンドバックス戦に「3番・右翼」で出場し、4打数1安打。ブルージェイズ・菊池はレッズ戦で4回3分の1を2安打2失点で勝敗はつかなかった。パイレーツ・筒香はカージナルス戦で2号ソロを放ち、2打数1安打1打点2四球だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾