阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

権藤博さんから交代を告げられ、ベンチ裏の控室に入るなり床にへたり込んで動けなかった

公開日: 更新日:

 ダブルヘッダー第2試合の八回から登板、高沢秀昭さんに同点本塁打を打たれた私は九回もマウンドに上がった。

 無死一、二塁のピンチを二塁手・大石大二郎さんのファインプレーでしのいだが、大石さんが二塁走者を押したという有藤監督の抗議で9分間中断。1死一塁で試合が再開されたとき時計の針は22時20分を回っていた。ダブルヘッダーの2試合目は4時間を過ぎて新たなイニングに入れない規定があったから、その4時間まで約20分。近鉄は時間とも戦っていた。

 2死後、二塁打と敬遠で満塁のピンチを迎えたものの、私はまたしても野手の好守に救われた。次打者・愛甲猛さんの当たりは左翼手前への浅い飛球。左翼手の淡口憲治さんが猛ダッシュ、地面スレスレでキャッチした。あれがポトリと落ちればサヨナラ負け、その時点で西武の優勝が決まっていた。

 128球を投げ、中1日のダブルヘッダーで連投した。本来なら同点本塁打を打たれた八回で降板するか、もしくは逆転されていてもおかしくなかったとも思う。

「よし、代わるぞ」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?