エ軍オーナーの贈賄醜聞が大谷翔平の去就に飛び火? 本拠地周辺の再開発めぐり市長が辞任

公開日: 更新日:

 二刀流所属球団のオーナーに政治献金疑惑が浮上である。

 大谷のエンゼルスは昨年、アナハイム市とエンゼルスタジアムの使用契約を2050年まで延長することで合意。アーティ・モレノ・オーナーが共同経営者を務める企業による駐車場と周辺の土地を市から約350億円で購入し、ショッピングモールや住宅などを建設する大規模な再開発に着手することも併せて合意していた。

 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」(電子版)によれば、アナハイムのハリー・シドゥー市長はモレノ・オーナーが共同経営者を務める企業との交渉の際、市に関する機密事項を球団に提供する見返りに政治資金として約1億3000万円を受け取ったという。

 23日に公職を辞任したシドゥー市長を巡っては、すでにFBI(連邦捜査局)が疑惑解明に乗り出した。今後はFBIの捜査に委ねられるが、贈賄側のモレノ氏の責任も問われそうだ。

「大リーグ機構(MLB)からオーナーの解任、球団売却などの厳罰を科される可能性はあります」と大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  2. 2
    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

  3. 3
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  4. 4
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

  5. 5
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  1. 6
    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

  2. 7
    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

  3. 8
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  4. 9
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  5. 10
    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?

    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?