阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

公開日: 更新日:

 宜野湾キャンプのブルペンで、大魔神・佐々木主浩の投球練習を真後ろから見たときのことだ。

 なにより、コントロールがいい。ストレートを両サイドにきっちりと制球していたが、それ以上に驚いたのがフォークボール。あれだけフォークが鋭く落ちるのを見たのは初めてだった。

 近鉄時代に見た野茂英雄のフォークも良かったけれど、同じフォークでも質が異なる。

 野茂のフォークは回転している。回転しているから、打者はまさか落ちるとは思わない。ストレートだと思って振りにいくものの、振ったらフォークかよと、そんな感じだと思う。

 そこへいくと佐々木のフォークは、ベースの手前でいったん止まって落ちるイメージ。打者からするとボールが突然、消えたかのように思うのではないか。ブレーキがかかって、急にストンと落ちるのだ。

 大魔神は「自分は先発ピッチャーの家族も養っている気持ちで投げている」と話していた。

 例えば、先発がリリーフの助けを借りて2ケタ勝つ。先発の給料にも大きく影響するのがクローザーの仕事だという話は他球団の投手からも聞いたことがある。けれども、先発の家族まで養っているつもりで投げているという話を聞いたのは初めてだったから驚いた。佐々木はつまり、それくらいの気持ちで投げていたということだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも