巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

公開日: 更新日:

 巨人がまたも満塁本塁打を浴びた。

 7日のヤクルト戦に新助っ人のシューメーカー(35)が先発。2点リードの四回に3四死球を与え、1死満塁とすると、5番サンタナに低めの145キロを左翼席に叩き込まれた。痛恨の逆転満塁弾を浴び、4回途中3安打4失点でKO。6月25日以来の5勝目はならなかった。

 巨人は7月に4戦連続でグランドスラムを食らうなど、これで今季8本目の被満塁本塁打となり、球団ワースト記録を更新してしまった。

 巨人OBの高橋善正氏がこう言った。

「シューメーカーは死球、四球、四球で満塁にした。本塁打だけは避けなければならない場面で押し出しを嫌がり、直球系の球で簡単にストライクを取りにいって痛打された。7月に4試合連続で打たれた時も、四球が絡んでいたが、ストライクゾーンで勝負できない投手が悪いのはもちろん、捕手の配球にも問題がある。無死満塁で4番の村上を打ち取って1死満塁。低めで併殺を取りたいという配球がミエミエでしたから。しかもサンタナは低めが好きなローボールヒッター。わざわざ打てるところに投げたように見えたくらい。捕手の大城は首を傾げたくなる配球が多い。8本も満塁本塁打を打たれるというのは、阿部作戦兼ディフェンスチーフコーチ、実松バッテリーコーチの責任は大きいですよ」

 試合は七回に吉川の適時三塁打で再逆転。首位ヤクルト相手に3連勝したものの、それでも11.5ゲーム差。2010年広島の満塁アーチ被弾のプロ野球記録「12本」更新もあり得る打たれっぷりである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声