巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

公開日: 更新日:

 阪神の広報責任者から報道各社に送りつけられたLINEが波紋を広げている。

「報道協力のお願い」と題したその文章には、優勝の可能性が消滅した後もCSの可能性がある限りは監督やコーチの人事に関する報道を自粛すること、そして「球団からの協力依頼に応じていただけない場合は、以降無期限で一切の球団からの報道協力を行いません」と記されている。

「週刊文春」が報じたもので、この“お願い”に応じない社は球団からのプレスリリース配信停止、会見や取材の参加禁止といったペナルティーが科される。つまり「出禁」にするという通達だ。

■阪神のバカげた圧力

 矢野監督はキャンプイン前日の今年1月末に今季限りでの退任を表明。V逸が決まれば人事の報道が過熱することは避けられない。球団がそれに先手を打った形だが、果たして「お願い」の範疇なのか。「圧力」以外の何物でもないだろう。

「実は、これ以前から“圧力”がかかっていました。開幕当初から、人事については“自粛せよ”という趣旨の通達が担当記者にはあり、これは日刊ゲンダイにも書かれましたが、8月には今秋のドラフト戦略に関して高松商の浅野翔吾を【内野手転向視野にドラフト1位候補に】と書いたスポーツ紙が球団広報から抗議を受け、記事をネットから削除させられる事件もあった。監督人事だけでなく、編成方針や補強など“来季につながる記事はすべてNG”というのが球団の“お願い”なのです。ふざけた話ですが、『出禁』をチラつかされたら、自粛せざるを得ませんよ」(在阪放送関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”