巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

公開日: 更新日:

 阪神の広報責任者から報道各社に送りつけられたLINEが波紋を広げている。

「報道協力のお願い」と題したその文章には、優勝の可能性が消滅した後もCSの可能性がある限りは監督やコーチの人事に関する報道を自粛すること、そして「球団からの協力依頼に応じていただけない場合は、以降無期限で一切の球団からの報道協力を行いません」と記されている。

「週刊文春」が報じたもので、この“お願い”に応じない社は球団からのプレスリリース配信停止、会見や取材の参加禁止といったペナルティーが科される。つまり「出禁」にするという通達だ。

■阪神のバカげた圧力

 矢野監督はキャンプイン前日の今年1月末に今季限りでの退任を表明。V逸が決まれば人事の報道が過熱することは避けられない。球団がそれに先手を打った形だが、果たして「お願い」の範疇なのか。「圧力」以外の何物でもないだろう。

「実は、これ以前から“圧力”がかかっていました。開幕当初から、人事については“自粛せよ”という趣旨の通達が担当記者にはあり、これは日刊ゲンダイにも書かれましたが、8月には今秋のドラフト戦略に関して高松商の浅野翔吾を【内野手転向視野にドラフト1位候補に】と書いたスポーツ紙が球団広報から抗議を受け、記事をネットから削除させられる事件もあった。監督人事だけでなく、編成方針や補強など“来季につながる記事はすべてNG”というのが球団の“お願い”なのです。ふざけた話ですが、『出禁』をチラつかされたら、自粛せざるを得ませんよ」(在阪放送関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声