楽天・浅村「4年20億円」残留は実質減俸? 石井GM兼監督の進退かかる来季Vへ大きな重圧

公開日: 更新日:

「実質の減俸でしょう」

 楽天OBがこう言うのは20日、4年総額20億円でサインした浅村栄斗(32)のことだ。

 今季は、4年契約最終年で、再取得したFA権を行使しなかった。今回の条件は4年前の入団時にメディアが公にした「4年総額20億円」と同額だが、「実際は前回FA時にソフトバンクが提示したとされる『4年総額28億円』に近い契約だったともいわれている。今季は全試合に出場したが、打率.252、27本塁打、86打点。4年間で110本塁打をマークしたものの、週刊誌で『三木谷オーナーから、<コストパフォーマンスに見合っていない>と不興を買っている』と報じられるなど、残留する場合は減俸必至とみられていました」(前出のOB)。

 楽天は石井一久GM兼監督(49)が、監督として来季3年目を迎える。今季まで2年連続V逸。来季の成績次第では進退問題が浮上しかねない。

 FA組では浅村をはじめ、田中将が3億円減ながら残留し、辛島も残留。球団はコロナ禍で減収に見舞われて資金繰りがカツカツな中、他球団のFA選手には目もくれず、身内に大金を費やした。

 中でも浅村は主軸であり、チームの顔。会見では「とにかく監督を胴上げするためにみんな死ぬ気でやると思うので頑張りたい」と話したように、来季優勝への期待と重圧はとてつもなく大きい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」