大谷翔平が本格始動 メジャー6年目を支えるのは「巨尻」だ! オフの筋トレ驚きの成果

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)がWBC出場選手の集合日である13日(日本時間14日)、キャンプ地のアリゾナ州テンピで本格的に始動した。

 フィル・ネビン監督らが見守る中、キャッチボールや塁間ダッシュの他、フリー打撃では柵越えを披露するなど快音を連発。15日からのバッテリー組のキャンプイン、3月のWBC開幕に向けて順調な仕上がりぶりをアピールした。

 初めて出場するWBCを控えているだけに、今オフはCM撮影などの仕事を早々と済ませ、1月中旬に渡米。契約するワシントン州シアトルのトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」や球団施設で汗を流してきた。大谷は昨年末から自身の動向をSNSで積極的に発信しており、今月2日には室内練習場で下半身や広背筋を鍛えるデッドリフトをこなす動画を公開した。

 その映像には鍛え上げられた太ももやふくらはぎが映し出されており、トレーニングの充実ぶりがうかがえる内容だったが、最も筋トレの成果が表れているのは尻だという。

 現地で取材する放送関係者がこう言った。

「上半身、下半身とも全体的に鍛え上げられて引き締まっていますが、目を引くのは尻まわりです。これまでと比べて1.5倍は巨大化しているのではないか。トレーニングパンツの上からでも筋肉が増しているのがわかり、従来のユニホームやスラックスでは収まらず、新調する必要があるかもしれません」

 大谷がオフに下半身を重点的に強化したのは過去の反省からだろう。リアル二刀流実質1年目だった21年以降、シーズン終盤にはフル稼働による疲労から下半身の踏ん張りがきかなくなり、投打とも失速した。特に打撃での息切れが目立ち、この2年の9、10月はいずれも4本塁打で、月別では最少に終わった。

 今季の大谷は侍ジャパンの3大会ぶりの優勝、レギュラーシーズンでは2014年以来9年ぶりのポストシーズン進出に向けて投打での活躍が求められる。さらに、今季終了後には史上最高額が見込まれるFAが控えているだけに重要なシーズンとなる。

 今季は“巨尻”の効果が期待できるかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗