小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

楽天ドラ1古謝樹「牽制20cm」の秘密…今江監督が金武キャンプでベタ褒め

公開日: 更新日:

「初めて見たけど、非常に器用な牽制やフィールディングをしていた」

 楽天ドラフト1位左腕・古謝樹(桐蔭横浜大)が、キャンプで今江敏晃監督に褒められた。私が臨時コーチを務めていた湘南学院高時代から指導している教え子だ。

 沖縄・金武キャンプでの投内連係、バント処理や各塁への牽制練習で、正確なフィールディングを披露したという。

 出会った頃はできなかった。高校2年秋に「フィールディングは膝の体重移動を意識するのがコツ」と指導した。右から左、つまり後方へ体が流れないよう「軸足の左太ももで受け止めて内側の筋肉で踏ん張りなさい」とアドバイス。あれから5年半が経過し、今江監督に「そういうところで不安を感じる投手もいるが、古謝に関してはレベルが高い」と認めてもらえるまでに上達した。

 牽制にも2つのポイントがある。

 一塁へ投げる瞬間まで本塁を見続け、ギリギリまで一塁を見ないこと。さらに、1球は普通に牽制球を投げて一塁走者に「大したことないな」と思わせる。そこから右足を上げ、前側の右腰を「20センチ」前に本塁方向へ体重移動しながら一塁へ牽制を投げる。前に少し動くことで一塁走者は投球すると感じる。これが30センチ以上だと一塁へ投げられない。古謝は反復練習で自分のモノにした。横浜高から西武にドラフト3位で入った左腕の杉山遙希も今では武器にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ