ドジャース由伸が実戦打撃練習でMVP2人圧倒も…課題はより厳しくなった「ピッチクロック」

公開日: 更新日:

 ドジャース山本由伸(25)が順調な仕上がりを見せている。

 日本時間18日、ライブBPといわれる実戦形式の打撃練習に初登板。ベッツ、フリーマンのMVP経験者ら計6人と対峙。ベッツから空振りを奪うなど安打性の当たりは1本に抑えた。

 ロバーツ監督が練習前の会見で「先発の軸になると思う」と高い期待を寄せると、対戦したフリーマンは「全てが良かった。同じユニホームを着ていてよかったよ」などと褒めちぎった。

 山本は実戦形式を意識してサイン伝達装置「ピッチコム」を試したが、登板が見込まれるパドレスとの開幕戦に向け「ピッチクロック」(投球間隔制限=今季から無走者時は15秒、走者がいる場合のみ20秒から18秒に短縮)への対応が課題となる。

 昨季導入されたピッチクロックは同僚の大谷も苦戦した。4月6日のマリナーズ戦では投打とも時間をオーバーし、史上初めてマウンドと打席で違反を取られた。

 昨年末の「NHKスペシャル」に出演した大谷は「ピッチクロックがあるので、そこは慣れないなというか、出続ける上で疲労がたまりやすくなると感じていた。そこは改善する余地があったかな」と明かした。短い投球間隔で投げ続けなければならないため、肩、肘への負担は計り知れない。大谷が渡米後、2度目の右肘靱帯修復手術を強いられたように、昨季は投手に故障者が続出した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う