日本ハム快進撃も「心配なのはベンチだけ」の声…新庄監督のハンドリングが良いわけじゃない?

公開日: 更新日:

 過去2年はいずれも最下位、貯金すらなかった日本ハムが好調だ。

 21日は加藤貴之(31)がロッテ打線を完封。前日の北山亘基(25)に続く2試合連続完封は、1995年7月のグロスと西崎が達成して以来29年ぶり。

 これで引き分けを挟み4連勝で貯金3、首位ソフトバンクに1ゲーム差の2位と気を吐いている。

 しかも対ソフトバンク戦は2勝1敗1分け、対ロッテ戦は5勝1敗。昨年の上位球団に勝ち越しているのだから、単なる偶然とは思えない。

 といって、数字そのものが優れているわけではない。チームの打率.221、防御率2.74、総得点51はいずれもリーグ5位。総失点は57と総得点を上回っている。

 ただし、今年の日本ハムは勝負強い。ここまで1点差試合は4。そのすべてをモノにしているのだ。「大勝、競り負けが多いのは弱いチームの典型」と言われるが、いまの日本ハムは逆。僅差の試合をことごとく拾っている。

「メジャー通算108本塁打のレイエス(28)はここまで打率.140、2本塁打、3打点。新外国人が当たったわけでも、新庄監督のハンドリングがいいわけでもない。球団内からは“心配なのはベンチ”なんて声も聞こえてきますからね。投手がここぞの場面で踏ん張り、野手はここぞの場面で結果を出しているのが大きいと思う」とは、ある球団OBだ。

  ◇  ◇  ◇

 各社の選手名鑑では「独身」となっているレイエスだが、球団OBから「複数人の子供がいる」という話が聞こえてくる。これについてついて報じている、●関連記事【レイエスを知る】…も要チェックだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!