阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

公開日: 更新日:

 岡田彰布監督(66)は今季が2年契約の最終年。昨季の実績からして続投がスジだろうが、「去就は親会社である阪急阪神HDの角会長と阪急側の杉山オーナーの動向次第」とは、関西の財界関係者。(【前編】からつづく)

  ◇  ◇  ◇

 仮に岡田監督が今季限りで勇退となれば、後任は誰になるのか。

「平田勝男ヘッドコーチ(64)、今岡真訪打撃コーチ(49)が候補に挙がりそうです」と、コーチ経験がある球団OBがこう続ける。 

「岡田監督は角会長から後継者育成を託されている。そうなると、現場からの昇格が基本線になるのではないか。平田ヘッドは22年オフに球団が監督候補に推していましたし、岡田監督とは現役時代から同じ釜の飯を食う間柄。岡田監督の前任時(04年から08年)もヘッド、二軍監督を務めている。この2年はグラウンド内外でボスの岡田監督を支え、もっとも『岡田イズム』を熟知している人物です。

一方の今岡コーチは03年、05年のV戦士であり、ロッテでも一軍ヘッド、二軍監督を経験している。若返りという意味でも適役です。現役時代から岡田監督には目をかけられ、今岡コーチ自身も恩義を感じている。しかし、問題は今季の阪神が一向に貧打を解消できないこと。当然、今岡コーチにも責任が求められる。打撃コーチとして打線を立て直せるかどうか、手腕が問われています。その結果次第で後任候補から外れる可能性はゼロではない。あるいは、今岡昇格は時期尚早として岡田監督が続投し、さらに帝王学を学ぶ流れも考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  2. 2

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  3. 3

    佐々木朗希の今季終了後の「メジャー挑戦」に現実味…海を渡る条件、ロッテ側のスタンスは

  4. 4

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 5

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  2. 7

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  3. 8

    なぜ阪神・岡田監督は大炎上しないのか…パワハラ要素含む「昭和流采配」でも意外すぎる支持

  4. 9

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…

  5. 10

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる