絶好調ドジャース大谷が「エンゼルス解体」を加速させる…明日から移籍後初、古巣との2連戦

公開日: 更新日:

 大谷翔平(29)のドジャースは、日本時間22日からエンゼルスと2連戦(ドジャースタジアム)。移籍後初めてレギュラーシーズンで古巣と顔を合わせる。

 20日のロッキーズ戦後はチームがサヨナラ負けしたにもかかわらず、報道陣に対応した大谷は「そこはもちろん楽しみにしている」と昨季まで6年間プレーした古巣へ思いを馳せた。

 相手の先発は初戦が左腕サンドバル(今季2勝8敗、防御率5.24)、2戦目は最速170キロの救援右腕ジョイス(同0勝0敗、防御率7.94)がオープナーを務める予定。エ軍投手陣はチーム防御率4.79、総失点379ともリーグワースト2位。先発、リリーフとも相変わらず脆弱なだけに、打撃絶好調の大谷なら、元同僚投手を難なく攻略しそうだ。

 大谷が去った今季のエ軍は開幕当初こそ好調で、ア・リーグ西地区上位につけていたものの、5月1日に主砲トラウトが左膝半月板損傷で離脱したことも響いて早々と失速。20日現在、29勝45敗の勝率.392で地区4位。昨季までの“定位置”に落ち着くどころか、選手層が薄いアスレチックスとは、わずか2ゲーム差で最下位を争う体たらくだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差