「青い薬」フレデリック・ペータース著、原正人訳

公開日: 更新日:

<HIV感染者に恋した男の葛藤を描くBD>

 スイス生まれの著者がHIVに感染した女性と恋して葛藤する男の姿を描いた自伝的BD(バンド・デシネ=フランス語圏マンガ)。タイトルの青い薬とは、感染者が一生飲み続けなければならない抗HIV薬のことだ。

 主人公のフレッドは、19歳のときに友人の親が所有する別荘でその女性・カティと出会い、白いTシャツだけでプールに飛び込み、シャンパンを飲みながら「しかも洗練を失っていない」その存在に魅せられる。

 数年後に会ったときには、彼女は結婚して1児の母となっていた。そして、再び時が経ち、友人宅のパーティーで再会した彼女と初めて親しく会話を交わしたフレッドは、カティが離婚したことを知る。その後、交際を始めた2人だが、ある日、彼女から病気のことを打ち明けられたフレッドは、頼もしい男を演じながらもうろたえてしまう。それでも、彼は立ち去ろうとするカティを引き留め、その夜、初めてベッドを共にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る

人気キーワード