「青い薬」フレデリック・ペータース著、原正人訳

公開日: 更新日:

<HIV感染者に恋した男の葛藤を描くBD>

 スイス生まれの著者がHIVに感染した女性と恋して葛藤する男の姿を描いた自伝的BD(バンド・デシネ=フランス語圏マンガ)。タイトルの青い薬とは、感染者が一生飲み続けなければならない抗HIV薬のことだ。

 主人公のフレッドは、19歳のときに友人の親が所有する別荘でその女性・カティと出会い、白いTシャツだけでプールに飛び込み、シャンパンを飲みながら「しかも洗練を失っていない」その存在に魅せられる。

 数年後に会ったときには、彼女は結婚して1児の母となっていた。そして、再び時が経ち、友人宅のパーティーで再会した彼女と初めて親しく会話を交わしたフレッドは、カティが離婚したことを知る。その後、交際を始めた2人だが、ある日、彼女から病気のことを打ち明けられたフレッドは、頼もしい男を演じながらもうろたえてしまう。それでも、彼は立ち去ろうとするカティを引き留め、その夜、初めてベッドを共にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る