「青い薬」フレデリック・ペータース著、原正人訳

公開日: 更新日:

<HIV感染者に恋した男の葛藤を描くBD>

 スイス生まれの著者がHIVに感染した女性と恋して葛藤する男の姿を描いた自伝的BD(バンド・デシネ=フランス語圏マンガ)。タイトルの青い薬とは、感染者が一生飲み続けなければならない抗HIV薬のことだ。

 主人公のフレッドは、19歳のときに友人の親が所有する別荘でその女性・カティと出会い、白いTシャツだけでプールに飛び込み、シャンパンを飲みながら「しかも洗練を失っていない」その存在に魅せられる。

 数年後に会ったときには、彼女は結婚して1児の母となっていた。そして、再び時が経ち、友人宅のパーティーで再会した彼女と初めて親しく会話を交わしたフレッドは、カティが離婚したことを知る。その後、交際を始めた2人だが、ある日、彼女から病気のことを打ち明けられたフレッドは、頼もしい男を演じながらもうろたえてしまう。それでも、彼は立ち去ろうとするカティを引き留め、その夜、初めてベッドを共にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る