『医者とおかんの「社会毒」研究』内海聡氏

公開日:  更新日:

<「身の回りの“社会毒”の危険性と、それをなくす方法を書きました」>

 ワクチンや食品添加物、人工甘味料、遺伝子組み換え食品、農薬など、自然界には存在せず以前は人間の体に入ることはなかった、数々の人工物質。著者が「社会毒」と名付けるこれらのものはその危険性が指摘されながらも生活の隅々まで浸透し、多くの大人たちは「気にしても仕方ない」と諦観している現実がある。
「もともと社会のために何かしようと思っていたわけではありません。ただ、娘が生まれてから、オレが先に死ぬのにこのままじゃやばいだろう、と思うようになり、少しでも多くの人に危険性に気づいてほしくて本書を書きました」

 前著「医学不要論」で医療業界のからくりを辛辣に告発した著者だが、本書では、食に限らず、私たちが「当たり前のもの」として受け入れてきた予防接種やフッ素、電子レンジなどにまで及び、めんどぅーさ氏の4コマ漫画も加えて、「社会毒」への対処法をわかりやすく説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る