『医者とおかんの「社会毒」研究』内海聡氏

公開日: 更新日:

<「身の回りの“社会毒”の危険性と、それをなくす方法を書きました」>

 ワクチンや食品添加物、人工甘味料、遺伝子組み換え食品、農薬など、自然界には存在せず以前は人間の体に入ることはなかった、数々の人工物質。著者が「社会毒」と名付けるこれらのものはその危険性が指摘されながらも生活の隅々まで浸透し、多くの大人たちは「気にしても仕方ない」と諦観している現実がある。
「もともと社会のために何かしようと思っていたわけではありません。ただ、娘が生まれてから、オレが先に死ぬのにこのままじゃやばいだろう、と思うようになり、少しでも多くの人に危険性に気づいてほしくて本書を書きました」

 前著「医学不要論」で医療業界のからくりを辛辣に告発した著者だが、本書では、食に限らず、私たちが「当たり前のもの」として受け入れてきた予防接種やフッ素、電子レンジなどにまで及び、めんどぅーさ氏の4コマ漫画も加えて、「社会毒」への対処法をわかりやすく説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

もっと見る