『医者とおかんの「社会毒」研究』内海聡氏

公開日:  更新日:

<「身の回りの“社会毒”の危険性と、それをなくす方法を書きました」>

 ワクチンや食品添加物、人工甘味料、遺伝子組み換え食品、農薬など、自然界には存在せず以前は人間の体に入ることはなかった、数々の人工物質。著者が「社会毒」と名付けるこれらのものはその危険性が指摘されながらも生活の隅々まで浸透し、多くの大人たちは「気にしても仕方ない」と諦観している現実がある。
「もともと社会のために何かしようと思っていたわけではありません。ただ、娘が生まれてから、オレが先に死ぬのにこのままじゃやばいだろう、と思うようになり、少しでも多くの人に危険性に気づいてほしくて本書を書きました」

 前著「医学不要論」で医療業界のからくりを辛辣に告発した著者だが、本書では、食に限らず、私たちが「当たり前のもの」として受け入れてきた予防接種やフッ素、電子レンジなどにまで及び、めんどぅーさ氏の4コマ漫画も加えて、「社会毒」への対処法をわかりやすく説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る