『医者とおかんの「社会毒」研究』内海聡氏

公開日: 更新日:

<「身の回りの“社会毒”の危険性と、それをなくす方法を書きました」>

 ワクチンや食品添加物、人工甘味料、遺伝子組み換え食品、農薬など、自然界には存在せず以前は人間の体に入ることはなかった、数々の人工物質。著者が「社会毒」と名付けるこれらのものはその危険性が指摘されながらも生活の隅々まで浸透し、多くの大人たちは「気にしても仕方ない」と諦観している現実がある。
「もともと社会のために何かしようと思っていたわけではありません。ただ、娘が生まれてから、オレが先に死ぬのにこのままじゃやばいだろう、と思うようになり、少しでも多くの人に危険性に気づいてほしくて本書を書きました」

 前著「医学不要論」で医療業界のからくりを辛辣に告発した著者だが、本書では、食に限らず、私たちが「当たり前のもの」として受け入れてきた予防接種やフッ素、電子レンジなどにまで及び、めんどぅーさ氏の4コマ漫画も加えて、「社会毒」への対処法をわかりやすく説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る

人気キーワード