「サラメシ」学研パブリッシング編

公開日: 更新日:

「サラメシ」学研パブリッシング編

 NHKの人気番組「サラメシ」の書籍化。働く人たちのランチを通して、彼らの仕事や人生をのぞく。

 市民の安全を守る川崎消防署消防隊員に人気の食堂メニューは、“ノーマル”と呼ばれる伝統の消防うどん。豚コマ切れ肉、タマネギ、さつま揚げなどダシのよく出る具材がたっぷり入ったつゆに、しゃきっと茹で上げたうどんを入れて食べる。災害を知らせる無線が入れば即出動できるよう、みんな早食いであっという間にたいらげていく。早食いも任務のひとつなのだ。

 亡くなった有名人の心を和ませたランチを取り上げる人気コーナー「あの人が愛したサラメシ」も掲載。忌野清志郎が自転車で通った「四国屋」の肉きざみうどんなど、来店時のエピソードも交えて紹介する。
(学研パブリッシング 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. 6

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  7. 7

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    渡哲也さんから2mの距離で「西部警察」のテーマを口ずさむ

もっと見る