「サラメシ」学研パブリッシング編

公開日:  更新日:

「サラメシ」学研パブリッシング編

 NHKの人気番組「サラメシ」の書籍化。働く人たちのランチを通して、彼らの仕事や人生をのぞく。

 市民の安全を守る川崎消防署消防隊員に人気の食堂メニューは、“ノーマル”と呼ばれる伝統の消防うどん。豚コマ切れ肉、タマネギ、さつま揚げなどダシのよく出る具材がたっぷり入ったつゆに、しゃきっと茹で上げたうどんを入れて食べる。災害を知らせる無線が入れば即出動できるよう、みんな早食いであっという間にたいらげていく。早食いも任務のひとつなのだ。

 亡くなった有名人の心を和ませたランチを取り上げる人気コーナー「あの人が愛したサラメシ」も掲載。忌野清志郎が自転車で通った「四国屋」の肉きざみうどんなど、来店時のエピソードも交えて紹介する。
(学研パブリッシング 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る