「ぼちぼち養生法」田辺泰登著

公開日: 更新日:

 健康で長生きしたいからといって、あれはダメ、これもダメとがんじがらめの生活を送っていては、ストレスがたまってかえってよくない。本書では、訪問診療などで高齢者の健康維持に関わる著者が、頑張り過ぎない健康法を伝授する。

 肥満は万病のもとといわれるが、無理な食事制限を続けることは心身の健康を害す原因にもなる。そこで著者が勧めるのは、おかずではなくご飯を中心とした食事法だ。ご飯に含まれるでんぷんには、複合糖質という食物繊維が多く含まれており、消化に時間がかかり、満腹感が持続して脂肪の吸収も抑制するのだという。

 ご飯には野菜たっぷりの汁物を組み合わせるようにして、2食は腹八分目にすれば、あとの1食は腹いっぱい食べてもいいそうだ。
(現代書林 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る