『「粗食」のきほん』佐藤初女、幕内秀夫、冨田ただすけ著

公開日:  更新日:

 食事と命と健康をテーマに活動する、世代の異なる3人の著者による、和食を見直すための本。日本で伝統的に食べられてきた“普通の食事”とは何かについて対談しながら、旬の食材を使ったご飯や汁物のレシピを紹介していく。

 近頃、ご飯がダイエットの大敵という風潮があるが、本当はご飯と汁物さえきちんと料理して食べていれば、健康を維持することは決して難しくないと著者たちは言う。これからの季節なら、ゴボウやニンジンなどの根菜をたっぷり入れた「冬のかやくご飯」や、大根の葉と里芋を入れて炊き上げる「さといもご飯」がおすすめ。よもぎ麩と大根、ニンジンの味噌汁、ホウレン草と落とし卵の味噌汁、サケのかす汁なども組み合わせて作ってみたい。
(ブックマン社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る