• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

『「粗食」のきほん』佐藤初女、幕内秀夫、冨田ただすけ著

 食事と命と健康をテーマに活動する、世代の異なる3人の著者による、和食を見直すための本。日本で伝統的に食べられてきた“普通の食事”とは何かについて対談しながら、旬の食材を使ったご飯や汁物のレシピを紹介していく。

 近頃、ご飯がダイエットの大敵という風潮があるが、本当はご飯と汁物さえきちんと料理して食べていれば、健康を維持することは決して難しくないと著者たちは言う。これからの季節なら、ゴボウやニンジンなどの根菜をたっぷり入れた「冬のかやくご飯」や、大根の葉と里芋を入れて炊き上げる「さといもご飯」がおすすめ。よもぎ麩と大根、ニンジンの味噌汁、ホウレン草と落とし卵の味噌汁、サケのかす汁なども組み合わせて作ってみたい。
(ブックマン社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る