「未来の働き方を考えよう」ちきりん著

公開日: 更新日:

 頑張っても報われないことの方が多くなり、“働くこと”に対して価値観を見直すサラリーマンが多くなっている。著者はそんな人たちに、「職業人生は2回ある」と提案する。

 著者は大卒後、国内の証券会社、外資系企業でバリバリ働いてきたが、仕事の成果と利益を求められた二十数年と決別し、現在は2回目の職業人生を送っている。寿命が延び、働ける年齢も高くなる中、必要なのは、デキるビジネスパーソンになるためのノウハウなんかじゃない。組織と個人の関係性や家族のあり方を含めた本質的な働き方を考えることが大事だと説いている。
“節目”である40代がもっとも就職がうまくいくと語る著者。

 収入や支出など「1回目」の経験からその後の将来を見据えられるからだ。現状に悩むサラリーマンに転職の希望を与える一冊。
(文藝春秋 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  7. 7

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

もっと見る