「未来の働き方を考えよう」ちきりん著

公開日: 更新日:

 頑張っても報われないことの方が多くなり、“働くこと”に対して価値観を見直すサラリーマンが多くなっている。著者はそんな人たちに、「職業人生は2回ある」と提案する。

 著者は大卒後、国内の証券会社、外資系企業でバリバリ働いてきたが、仕事の成果と利益を求められた二十数年と決別し、現在は2回目の職業人生を送っている。寿命が延び、働ける年齢も高くなる中、必要なのは、デキるビジネスパーソンになるためのノウハウなんかじゃない。組織と個人の関係性や家族のあり方を含めた本質的な働き方を考えることが大事だと説いている。
“節目”である40代がもっとも就職がうまくいくと語る著者。

 収入や支出など「1回目」の経験からその後の将来を見据えられるからだ。現状に悩むサラリーマンに転職の希望を与える一冊。
(文藝春秋 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る