「未来の働き方を考えよう」ちきりん著

公開日: 更新日:

 頑張っても報われないことの方が多くなり、“働くこと”に対して価値観を見直すサラリーマンが多くなっている。著者はそんな人たちに、「職業人生は2回ある」と提案する。

 著者は大卒後、国内の証券会社、外資系企業でバリバリ働いてきたが、仕事の成果と利益を求められた二十数年と決別し、現在は2回目の職業人生を送っている。寿命が延び、働ける年齢も高くなる中、必要なのは、デキるビジネスパーソンになるためのノウハウなんかじゃない。組織と個人の関係性や家族のあり方を含めた本質的な働き方を考えることが大事だと説いている。
“節目”である40代がもっとも就職がうまくいくと語る著者。

 収入や支出など「1回目」の経験からその後の将来を見据えられるからだ。現状に悩むサラリーマンに転職の希望を与える一冊。
(文藝春秋 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る