「産地偽装のカラクリ」別冊宝島2098

公開日: 更新日:

■中身不明のブレンド米でも合法的に国産米となる!?

 昨年末、大阪の名門・阪急阪神ホテルズから発覚した一連の食品偽装問題が世間を賑わせた。船場吉兆が偽装によって廃業に追い込まれた事件から6年。食品の偽装はなぜなくならないのか。

 別冊宝島2098「産地偽装のカラクリ」(宝島社 838円)では、食品流通の盲点となる産地の偽装について解説。食品ごとの偽装の手法や、日本の複雑すぎる食品表示関連法なども詳しく分析していく。

 中でも、日本人の主食であるコメの偽装は、根が深く歴史も長いという。昨年10月に発覚した三重県の三瀧商事によるコメ偽装問題では、外国産米や加工用米を国産コシヒカリに混入するという手口で、国内過去最大の約4386トンを偽装していたという。そして、そのコメは流通大手のイオンでも販売されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る