「産地偽装のカラクリ」別冊宝島2098

公開日:  更新日:

■中身不明のブレンド米でも合法的に国産米となる!?

 昨年末、大阪の名門・阪急阪神ホテルズから発覚した一連の食品偽装問題が世間を賑わせた。船場吉兆が偽装によって廃業に追い込まれた事件から6年。食品の偽装はなぜなくならないのか。

 別冊宝島2098「産地偽装のカラクリ」(宝島社 838円)では、食品流通の盲点となる産地の偽装について解説。食品ごとの偽装の手法や、日本の複雑すぎる食品表示関連法なども詳しく分析していく。

 中でも、日本人の主食であるコメの偽装は、根が深く歴史も長いという。昨年10月に発覚した三重県の三瀧商事によるコメ偽装問題では、外国産米や加工用米を国産コシヒカリに混入するという手口で、国内過去最大の約4386トンを偽装していたという。そして、そのコメは流通大手のイオンでも販売されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る