「産地偽装のカラクリ」別冊宝島2098

公開日:  更新日:

■中身不明のブレンド米でも合法的に国産米となる!?

 昨年末、大阪の名門・阪急阪神ホテルズから発覚した一連の食品偽装問題が世間を賑わせた。船場吉兆が偽装によって廃業に追い込まれた事件から6年。食品の偽装はなぜなくならないのか。

 別冊宝島2098「産地偽装のカラクリ」(宝島社 838円)では、食品流通の盲点となる産地の偽装について解説。食品ごとの偽装の手法や、日本の複雑すぎる食品表示関連法なども詳しく分析していく。

 中でも、日本人の主食であるコメの偽装は、根が深く歴史も長いという。昨年10月に発覚した三重県の三瀧商事によるコメ偽装問題では、外国産米や加工用米を国産コシヒカリに混入するという手口で、国内過去最大の約4386トンを偽装していたという。そして、そのコメは流通大手のイオンでも販売されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る