「これっていいね 雑貨主義」谷川晃一著、川田奎也写真

公開日: 更新日:

■生きる喜びをもたらす雑貨たち

 画家の著者が、長年にわたって集め、身近に置き、楽しんできた雑貨コレクションを紹介しながら、その魅力を語るビジュアルブック。

 そもそも雑貨とは何か。頭では分かっているつもりでも、言葉にするのは難しい。氏のコレクションをのぞいてみても、コーヒーチェーン店のコーヒーカップや腕時計の「スウォッチ」などの定番コレクションアイテムから、フランス製キャンディーの空き缶や、キッチンで現役使用中の水切りざるや調味料入れ、動物の置物など旅先で見つけたオブジェ類、そしてトランプやマッチのラベルまで多岐にわたり、ますます分からなくなってくる。

 氏によると、「雑貨はひそやかに存在するもの」で、かつて大量生産されたものでも、「いつの間にか珍しいものや懐かしいものになったもの、時の流れに風化したものなどが雑貨」なのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  7. 7

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  8. 8

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

もっと見る