「これっていいね 雑貨主義」谷川晃一著、川田奎也写真

公開日: 更新日:

■生きる喜びをもたらす雑貨たち

 画家の著者が、長年にわたって集め、身近に置き、楽しんできた雑貨コレクションを紹介しながら、その魅力を語るビジュアルブック。

 そもそも雑貨とは何か。頭では分かっているつもりでも、言葉にするのは難しい。氏のコレクションをのぞいてみても、コーヒーチェーン店のコーヒーカップや腕時計の「スウォッチ」などの定番コレクションアイテムから、フランス製キャンディーの空き缶や、キッチンで現役使用中の水切りざるや調味料入れ、動物の置物など旅先で見つけたオブジェ類、そしてトランプやマッチのラベルまで多岐にわたり、ますます分からなくなってくる。

 氏によると、「雑貨はひそやかに存在するもの」で、かつて大量生産されたものでも、「いつの間にか珍しいものや懐かしいものになったもの、時の流れに風化したものなどが雑貨」なのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る