• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「8時間睡眠のウソ。」三島和夫、川端裕人著

 忙しいときは1時間ほど昼寝をするなど細切れの睡眠で乗り切る、という人がいる。しかし、このような睡眠はあまり意味がないのだという。

 通常の睡眠では、90分おきに浅い眠りのレム睡眠が表れ、それ以外のノンレム睡眠では、最初に「徐波睡眠」という深い眠りが表れ、後半徐々に浅くなっていく。このような正しい睡眠の構造は「メジャースリープ」と呼ばれているが、日中30分以上眠ると夜の徐波睡眠が表れにくくなる。

 脳は、深い眠りの間によく冷えて休められる。しかし、細切れの睡眠をとると脳の冷却効率が悪くなり、眠ったつもりでも脳の疲労が取り除かれないのだ。本書では、睡眠にまつわる謎を解き明かしながら、理想の睡眠とは何かを探っていく。
(日経BP社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る