「8時間睡眠のウソ。」三島和夫、川端裕人著

公開日: 更新日:

 忙しいときは1時間ほど昼寝をするなど細切れの睡眠で乗り切る、という人がいる。しかし、このような睡眠はあまり意味がないのだという。

 通常の睡眠では、90分おきに浅い眠りのレム睡眠が表れ、それ以外のノンレム睡眠では、最初に「徐波睡眠」という深い眠りが表れ、後半徐々に浅くなっていく。このような正しい睡眠の構造は「メジャースリープ」と呼ばれているが、日中30分以上眠ると夜の徐波睡眠が表れにくくなる。

 脳は、深い眠りの間によく冷えて休められる。しかし、細切れの睡眠をとると脳の冷却効率が悪くなり、眠ったつもりでも脳の疲労が取り除かれないのだ。本書では、睡眠にまつわる謎を解き明かしながら、理想の睡眠とは何かを探っていく。
(日経BP社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る