「じつは怖い外食」南清貴著

公開日:  更新日:

 外食で提供される恐ろしい食材のあれこれがまとめられている。
 例えば、「米」。古くなった米には、特有の酸化した臭いがあったり、精米の際に乾燥してひび割れることがある。これをごまかすために使われているのが精米改良剤と呼ばれるもので、プロピレングリコールという石油系化学薬品が主体の液体プラスチックだ。薬事法においては表示が義務化されているのに、食品衛生法では“加工助剤”という位置づけのため、表示義務がないというから不気味だ。

 発がん性のある業務用醤油、海外では規制される硝酸態窒素まみれのサラダ、抗生物質たっぷりの焼き魚など、ランチは愛妻弁当ではなく毎日外食というサラリーマンに恐ろしい真実が突きつけられる。
(ワニ・プラス 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る