『なぜ僕は「炎上」を恐れないのか』イケダハヤト著

公開日:  更新日:

■「生意気な若者を叩いて、“フツーの人”にしたら未来はありません」

 年500万円稼ぐプロブロガーである著者が、人の目を気にして本音を言えない現状に、さわやかな「喝」を食らわす。
「僕らから下の世代は、フェイスブックやラインで『いいね!』ボタンを押して相手に合わせるのがコミュニケーションになっています。共感してほしい、自分をわかってほしい、人のこともわかってあげたいと思うあまり、自分を偽り、曲げて、その結果つらくなり疲れてしまう。それが、今の日本の圧迫感、閉塞感につながっていると思います」

 職場や学校で他の人に批判され集中砲火を浴びたとき、ネットで炎上したとき、どうしたらいいのか。
「誹謗(ひぼう)中傷を苦に自殺するというのは、僕には肌感覚でわかります。いじめと同じ構造ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る