• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「誘蛾灯 鳥取連続不審死事件」青木理著

■男たちを狂わせた肥満ホステス

 09年に発覚した鳥取連続不審死事件の闇に迫るルポルタージュ。

 詐欺や窃盗の他、2件の強盗殺人で起訴された上田美由紀の周辺では、04年以降、起訴された事件以外にも4人の男性が不審死を遂げていた。死んだ男たちは、全員、彼女がホステスとして働いていたスナックの常連客だった。新聞記者や刑事らが職や妻子を捨て、ぶよぶよに肥満し、誰とでも寝て、5人も子供がいた被告になぜ魅せられ、破滅していったのか。かつて被告が働いていたスナックに通い、仕事仲間や元同棲相手、死んだ男たちの関係者を取材。そして拘置所の被告本人とも面会を重ねながら、その素顔と事件の背景を明らかにしていく。
(講談社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る