日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「WindowScape2」東京工業大学、塚本由晴研究室編、塚本由晴、能作文徳著

■反復する窓から街並みを考える

 世界各地の卓越した街並みを紹介しながら、それらを構成する重要な要素のひとつである窓の進化の過程や役割を考察したビジュアルテキスト。
 最初に登場するのはヨーロッパの街並み。

 縦長のフレンチウインドーが規則的に反復するパリ「リボリ通り」や、美しく組み上がった白い格子から「クリスタル街道」とも呼ばれるスペインの高級住宅街ア・コルーニャの「ラ・マリーナ通り」、間口は違うのに、柱間の間隔がほぼ同じために窓の反復のリズムがそろったドイツのハンミュンデン「ツィーゲル通り」など。

 窓の貢献度を検討するため、建物を真正面からとらえた連続写真を再構成して、街並みの全体像を概観できるようにした映像は、日常の視線とは少し異なり、絵画的でさえある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事