「荒野の古本屋」森岡督行氏

公開日:  更新日:

■「古本との時間がゆったりと流れる空間づくりを守り続けたい」

 証券会社が立ち並ぶ東京・茅場町。この街の一角に、国内外の愛好家から支持される古本屋「森岡書店」がある。

「大学卒業後の1年間は、その日暮らしの生活を送っていたんです。好きでもないことを仕事にしたくなかったのと、大量生産大量消費の社会に身を投じることに抵抗があったためでしたが、目指す夢があったわけではありません。今にして思えば、ただ働きたくないだけのワガママでしたね(笑い)」

■人気シリーズ「就職しないで生きるには」の一冊

 本書は、1980年代に人気を博した「就職しないで生きるには」を、装いも新たに復活させたシリーズ本。現代におけるワーク&ライフスタイル読本で、森岡書店の店主である著者が起業した理由や、店舗運営の実際などがつづられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る