• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「荒野の古本屋」森岡督行氏

■「古本との時間がゆったりと流れる空間づくりを守り続けたい」

 証券会社が立ち並ぶ東京・茅場町。この街の一角に、国内外の愛好家から支持される古本屋「森岡書店」がある。

「大学卒業後の1年間は、その日暮らしの生活を送っていたんです。好きでもないことを仕事にしたくなかったのと、大量生産大量消費の社会に身を投じることに抵抗があったためでしたが、目指す夢があったわけではありません。今にして思えば、ただ働きたくないだけのワガママでしたね(笑い)」

■人気シリーズ「就職しないで生きるには」の一冊

 本書は、1980年代に人気を博した「就職しないで生きるには」を、装いも新たに復活させたシリーズ本。現代におけるワーク&ライフスタイル読本で、森岡書店の店主である著者が起業した理由や、店舗運営の実際などがつづられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る