「弱さの思想」高橋源一郎、辻信一著

公開日:  更新日:

■「弱さ」を必要としている現代社会

 社会的「弱者」の持つ「弱さ」の中に新しい社会の可能性を探ろうと、一緒に「弱さの研究」を重ねる2人が、その成果を語り合った対談集。

 高橋氏は、病気の後遺症で軽い障害が残った息子の看護体験と、病気の子供を抱える母親たちとの会話から、「弱くてなんの力もない、面倒をかけるだけの存在の人たち」が周囲に力を与えていることを知り、「弱さ」というものには何か秘密があるのではないかと思ったという。3・11を機に訪ねた原発反対運動の地「祝島」や、イギリスの子供のホスピスなど、各地で行ったフィールドワークを報告しながら、弱さとは何か、そして現代社会がなぜ弱さを必要としているかを解き明かす。
(大月書店 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る