「弱さの思想」高橋源一郎、辻信一著

公開日: 更新日:

■「弱さ」を必要としている現代社会

 社会的「弱者」の持つ「弱さ」の中に新しい社会の可能性を探ろうと、一緒に「弱さの研究」を重ねる2人が、その成果を語り合った対談集。

 高橋氏は、病気の後遺症で軽い障害が残った息子の看護体験と、病気の子供を抱える母親たちとの会話から、「弱くてなんの力もない、面倒をかけるだけの存在の人たち」が周囲に力を与えていることを知り、「弱さ」というものには何か秘密があるのではないかと思ったという。3・11を機に訪ねた原発反対運動の地「祝島」や、イギリスの子供のホスピスなど、各地で行ったフィールドワークを報告しながら、弱さとは何か、そして現代社会がなぜ弱さを必要としているかを解き明かす。
(大月書店 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  4. 4

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  7. 7

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  8. 8

    コロナ死1万人増の最悪シナリオ 逃避変異に感染研が警鐘

  9. 9

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る

人気キーワード