【大人のためのオトナ本】雑学編 お酒の世界を究める

公開日: 更新日:

■「酒場詩人・吉田類の旅と酒場俳句」吉田類著

 テレビでお馴染みの著者による俳句エッセー集。酒場で出会った人や料理を詠むのが「酒場俳句」。例えば有楽町のガード下、闇市の雰囲気が残る飲食街の「ミルクワンタン」が評判の店で一句「ワンタン喰ふ春や乳房の舌触り」。もつ焼き屋のカウンターで酒を楽しむうら若き女性に魅せられ「美女酔うて色なき風に吐息のせ」など。

「このところ、俳句人口はものすごく増えているんですよ。酒場俳句をすれば、お酒の世界ももっと楽しく、精神的にも豊かになれると思います。江戸時代から、酒と俳句は相性がいいものなんです」(吉田氏)

 酒場の達人でもある氏による酒場にまつわるエッセーやオススメの酒場俳句向きの店も紹介。いつもの酒や酒場の新たな魅力に気づかせてくれる、それが酒場俳句だ。

(KADOKAWA 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る

人気キーワード