• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死刑台の舞踏」森村誠一著

■主人公の刑事は元いじめ被害者

 深夜、持田は新宿中央公園で女性を襲った暴漢からナイフを奪い刺してしまう。死体を植え込みの中に隠し、その場から逃げだした2人は、数日後、暴漢の遺体が川崎の竹林で見つかったとニュースで知り驚く。一方、S県静浦署の刑事・志水は、所轄署からの照会で竹林で見つかった遺体が中学時代の同級生の勝又だと気づく。志水は、中学時代、議員の息子の浜口とその子分だった勝又と射場から壮絶ないじめを受け、その恨みが今でも心にくすぶっていた。公休日、上京して事件の発端となった公園に足を運んだ志水は雑踏の中で射場に似た男を見かける。

 元いじめの被害者が事件の真相に迫る長編ミステリー。
(祥伝社 600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る