「死刑台の舞踏」森村誠一著

公開日: 更新日:

■主人公の刑事は元いじめ被害者

 深夜、持田は新宿中央公園で女性を襲った暴漢からナイフを奪い刺してしまう。死体を植え込みの中に隠し、その場から逃げだした2人は、数日後、暴漢の遺体が川崎の竹林で見つかったとニュースで知り驚く。一方、S県静浦署の刑事・志水は、所轄署からの照会で竹林で見つかった遺体が中学時代の同級生の勝又だと気づく。志水は、中学時代、議員の息子の浜口とその子分だった勝又と射場から壮絶ないじめを受け、その恨みが今でも心にくすぶっていた。公休日、上京して事件の発端となった公園に足を運んだ志水は雑踏の中で射場に似た男を見かける。

 元いじめの被害者が事件の真相に迫る長編ミステリー。
(祥伝社 600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  3. 3

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  6. 6

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  7. 7

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  8. 8

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る

人気キーワード