「死刑台の舞踏」森村誠一著

公開日:  更新日:

■主人公の刑事は元いじめ被害者

 深夜、持田は新宿中央公園で女性を襲った暴漢からナイフを奪い刺してしまう。死体を植え込みの中に隠し、その場から逃げだした2人は、数日後、暴漢の遺体が川崎の竹林で見つかったとニュースで知り驚く。一方、S県静浦署の刑事・志水は、所轄署からの照会で竹林で見つかった遺体が中学時代の同級生の勝又だと気づく。志水は、中学時代、議員の息子の浜口とその子分だった勝又と射場から壮絶ないじめを受け、その恨みが今でも心にくすぶっていた。公休日、上京して事件の発端となった公園に足を運んだ志水は雑踏の中で射場に似た男を見かける。

 元いじめの被害者が事件の真相に迫る長編ミステリー。
(祥伝社 600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る